トヨケンブログ

<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

海岸整備事業 神野新田地区 その3工事(Vol.7)

スリーブ(セメントベントナイト)注入が完了すると、いよいよ薬液の注入です。
Vol.1にて掲載した、土質調査にて現位置で採取した土で事前配合試験を行って薬液の配合にて注入しました。


Vol.6で掲載したダブルパッカー式注入ホースを注入外管に挿入して、薬液吐出口が特殊マッシェットチューブの注入被覆ゴムの位置でセット(ダブルパッカーのゴムを膨張させて固定)します。

a0241652_15265633.jpg


このミキシングプラントにて、事前配合試験によって決められた薬液の配合を自動で、水と4種類の薬液を混合して作液してくれます。
a0241652_15135446.jpg



ミキシングプラントにて、作られた薬液をインジェクションポンプで現場のダブルパッカー式注入ホースへ薬液を送っています。
(少し見難いげど、1台で2箇所出来て、8箇所同時に注入できるよう4台準備しました。)
a0241652_15141068.jpg


集中管理装置で、流量、圧力、積算流量を管理しています。(8箇所同時に注入できるよう、8台準備)
a0241652_15524109.jpg
a0241652_16184038.jpg


注入材を浸透注入することで、砂地盤の間隙水を恒久薬液に置き換えることにより、注入された薬液がゲル化し、粘着力が付加され地盤のせん断強度が増加し、液状化を防止します。
a0241652_16185589.jpg
本工事では、樋門の周囲を平面的及び立体的に約2m間隔で406箇所に薬液を注入して、液状化対策を施しました。166.png





[PR]

海岸整備事業 神野新田地区 その3工事(Vol.6)

削孔を既定の深さまで完了すると、
薬液を注入する所には、布スリーブがついた鉄製、注入しない箇所は塩ビ管を継ぎ足しながら注入外管を建込みます。

a0241652_15185682.jpg
a0241652_15193944.jpg
注入外管を建込んだら、ケーシングを引き抜いたら、ひとまず削孔作業は終了です。

次に、注入外管と地山の隙間から薬液逸走を防ぐ目的で、ダブルパッカー式の注入装置のついたホースを注入外管内に挿入し、
布スリーブにセメントベントナイトを注入して、地山と布スリーブを密着させます。
また、薬液を注入しない所も塩ビ管に沿って薬液が逸走しないようにマンシェットチューブからセメントベントナイトを孔内に
充填します。

a0241652_17071511.jpg
注入外管の所定の位置にて、ダブルパッカーに水を送り込み膨張させ、注入外管内を閉塞させます。

a0241652_17043395.jpg
a0241652_17065210.jpg
注入ホースから薬液やベントナイトセメントを注入すると、注入被覆ゴムが膨張し、その隙間から
薬液やセメントベントナイトが注入されます。
注入被覆ゴムは、注入が完了すると元に戻り、薬液やセメントベントナイトの逆流防止の役目を果たします。

今回は、このあたりで次回をお楽しみに。
今日も一日 ご安全に!

[PR]