トヨケンブログ

<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

公共下水道築造工事(1工区)【No.15】市役所現場見学会

豊橋市役所の現場見学会が実施されました
a0241652_11314663.jpg
a0241652_113211100.jpg
a0241652_11323210.jpg

多くの質問を頂き適切な回答ができたか不安はありますが、無災害で現場を終われるよう努力していきます
暑い中、お疲れ様でした 
[PR]

公共下水道築造工事(1工区)【No.14】インバートコンクリート打設

BOXは水平に据えてあるので、インバートコンクリートを打設し、流入水をポンプ設備に導きます
勾配は2‰(パーミリ)です※1mで2mmの勾配
a0241652_1163787.jpg
a0241652_1171889.jpg

支保工を撤去し空間が広くなりました
a0241652_1174347.jpg

側壁、上部部材を吊り込み設置します
a0241652_1194566.jpg
a0241652_1110624.jpg

接触事故に注意し、慎重に吊り込みます
a0241652_11205935.jpg

a0241652_11223810.jpg

[PR]

だんだんボックス

6月26日豊橋社会福祉事業会にて、豊橋ちぎり寮 青木秀子さん、宮嶋一典さん、菅野春奈さん、グループホーム 吉岡初一さん、熊谷高明さん、佐久間恵子さん、水谷千種さん、豊川支援学校高等部の男子2名に弊社河合社長より感謝を伝えると共に、デザイン料を贈呈させていただきました。
a0241652_911167.jpg

絵の作者の方々は『ありがとうございます。すごくうれしいです。』『自信が持てました。これからもたくさん絵を描きたい』とあいさつしていただきました。
a0241652_911145.jpg
障がいがある9人の描いた絵はデザイン化され、無機質な工事現場を和ませる工事用フェンスに取り付けられていいます。
原画はこれです。
a0241652_911190.jpg
今後もこの『だんだんボックス』の活動を東三河でもさらに広めていければ良いなと思います。
このだんだんボックスの活動は、刈谷市出身の建築家鵜飼哲矢さんが提案し2010年に始まりました。鵜飼哲矢さんは丹下健三事務所でフジテレビ本社の設計を担当したり、刈谷ハイウェイオアシスの全体設計などを手掛けられました。
[PR]